【第4話】私の実家での同棲 2

【第4話】私の実家での同棲 2

休業しても変わらない早産傾向

妊娠後期に入っていた私は、東京にいた時から元々早産傾向にあったこともあり、
検診に行くたびに、安静にしてくださいと言われていました。
でも、仕事も早めに休業させてもらっていて何もしていませんでしたし、
毎日実家にいる犬と家で寝ているだけで
実家にいて何もしていなかったのです。(母に怒られるくらいなにもしていませんでした)
なのに産婦人科の担当の先生からは、
まだ産れたら困るから何もしないで!言われ続けていました、、、

当時はそんなこと考えることもなかったのですが、
今となって思えば、元旦那へのストレスのせいじゃないかと思います!!!

ストレスが症状として身体に出てくる?

私はストレスを感じると体調や身体に出やすい体質で、
それは今現在も変わらずなのですが、例えばどういうことかというと、
東京にいたときには慣れない環境の生活で突然激太りしたり(4キロ近く太りました)
水が合わなかったのか今までにない程肌荒れがひどくなり、
ニキビができたり、突然蕁麻疹ができたり、顔が所々赤くなって痒くなったり

ちょっとしたことですぐ身体に症状としてでてきて、病院通いを続けていました。

でもそれは、福岡に帰れば収まると思っていたのですが、
その考えは甘かったのです!
帰省しても妊娠中にも肌荒れの症状や蕁麻疹などは変わらず出ていました。
(妊娠中でホルモンバランスが乱れていたことも関係あるとは思います!)
これは私に限ってだとは思うので人によるとは思います。

妊娠後期以外でのストレス原因?

私の場合は、妊娠後期の誰もが感じるストレス以外でもストレスを感じる所があって、
そのせいで早産の傾向へ影響していたんじゃないかと思います。。。
正直、経験のある方はわかるかもしれませんが
後期にでもなれば正直何をしていても身体が重いですし、
圧迫されて食事も思ったように取れないし、
おなかが大きいこともあって寝にくくもなっていたので
そういった寝不足などのストレスもあるかもしれないですが、
それにしてもその他での、ストレスが特に大きく

妊婦の私の身体に症状として現れていたんだと思います。
その原因については次回でもっと詳しくお話ししますね~!!

つづく

© 2020 シングルママしまよ 元夫との仁義なき戦い