【第10話】嫌で嫌で仕方なかった入院生活!

【第10話】嫌で嫌で仕方なかった入院生活!

人生で2回目の入院

私自身記憶にある中では、一回しか入院したことが無くて、
しかも小さいころすぎてあまり覚えていないレベルだったので
ほぼ初めての入院と言っていいレベルだったのですが、
まあ、病気でもないわけですが、必ず入院しなくてはならないので、
嫌だとかそういうのでどうにかなる問題ではないのですが、
病院での入院生活に慣れてないせいか、身体はきついし会陰切開の部分が痛いし
大変なのにほんとに早く退院したくて、
たった5日の入院ですらもすごく長く感じました、、、(ただのわがままです)

でも、一人部屋だったし、
ベットが低い以外は特に文句を言うレベルではなかったのですが
それでもひたすらに早く退院して家に帰りたいと思っていました。
看護師さんに必ず5日入院しないといけませんか?とまで聞きました、、

母子同室について

私の産婦人科では、子供と初日から過ごすことができて、
きつければ初日は別々にするとか自分で選べたんですけど、
看護師さんから、初日はお預かりもできるよって言われて、
何を思ったのか、張り切って、一緒に過ごします!なんていっちゃって、
どうせ、これからは誰も助けてくれずに自分で育てないといけないからなんておもって
早くから慣れようと、一緒に過ごすことを選んだんですけど、
思った以上にきつくて大変で、
新生児だから2~3時間おきには母乳を上げないといけないしおむつ替えもあるし
なによりも皆さんそうですけど、初日は泣いている意味も分からないし
どうしたらいいかわからなくて私も一緒に泣きそうでした~
全部がやったこともない事初めてのことで本当に大変だし、
自分の身体も万全な状態ではないし、トイレするのも大変で、怖いのに、
子供の面倒まで、、大変で仕方なかったです
でも自分がするといったからには頑張ろうとかなり必死でした、、、

お股問題がひどすぎた?

私の場合、特にお股問題が本当にしんどくて!!

出産のときに、私は会陰切開をしたんですけど、
それだけじゃなくて出産時に変なタイミングでいきみすぎてあちこち裂けていたらしく、
多分人の倍、産後の処置に時間がかかったんじゃないかと思うくらい縫われたんです。
それもあってか、トイレは怖いし
糸で縫われたところが突っ張ってるという感覚があってすごい気持ち悪いのと
取れないってわかってるのに取れそうで怖くて、そのせいで入院中に便秘にもなりました。
しかも糸は、勝手に溶けるタイプだから抜歯もなくて気にしなくていいのに
神経質になっていたのを今でも覚えてます。

そんな感じで2日過ごしてようやくお風呂に入れました!
汗もかいていたし、ずっとお風呂に入りたいのに入れずに過ごしてきて、
ようやく入っていいよって許可が出たときはうれしすぎました!
でもお風呂も怖くて怖くて大変でした、、、(こういうときだけ神経質、、、)

でも大変な記憶や嫌なことだけじゃなくて、
子供との時間は本当に経験したことのない感情があって、
この子は私がいないと何もできないし、
私がしてあげないとという母性本能というかそんな感情がすごいでてきて、
きつくても、痛くてもそんなこと忘れれるくらい
抱っこしたり眺めるだけで幸せな気分になったのを覚えています~!

産後は決してきつい事だけではないし、新生児の我が子と二人で過ごせる時間も、
すごく貴重で大事な時間だったなって今となれば思えます~。

(その頃の私はとにかく必死でそんなこと考える余裕はなかったですが、)

つづく

© 2020 シングルママしまよ 元夫との仁義なき戦い