【第13話】新生児期間もあっという間の終了~またもや問題発生?

【第13話】新生児期間もあっという間の終了~またもや問題発生?

すごく短く感じた新生児期間

それから1カ月検診までは本当にあっという間で、
新生児と呼べる期間も短いもんだな~と思いました。
1カ月検診でも、最初はなかなか増えなかった体重も、
ミルクとの混合に変えたあたりから増えていき、
ガリガリで心配だったのですが、
気が付いたら大きくなりすぎてないか心配になるくらいでした。
あんなに心配していた黄疸なのですが、
私でもわかるくらい黄色味はもう全くなくなっていて
病院に行った際も、何も問題ないといわれ、
混合に変えたのも効果があったのかな~と思いました!

1カ月検診も何事もなく無事に終え、
黄疸ももう何も心配いらないと言われかなり安心しました。

ようやく外出できるようになった!

そして、娘も1カ月検診も終えたこともあって
そろそろ少しずつお出かけもできるようになり、
ずっと行きたかった美容室や娘を連れてのお買い物も行けるようになり
久しぶりの外に私もすごく嬉しかったのを覚えてます!
娘も普段からおとなしく、出かけても抱っこしたりベビーカーに乗せれば
おなかがすいたとき以外は泣くこともなくかなりいい子で、
手もかからず、出かけるのも問題なくできていました!
それに車が好きみたいで、車で出かけると気が付いたら寝ていました。

未だに車で外出するとすぐ寝ることが多いです!
私としてはかなりありがたい~!!!

問題発生?引っ越し?

そして段々生活にも慣れてきたころでした。
突然、元旦那が自分の実家で生活することを提案してきたのです。
正直、嫌だったんですけど、実家での生活も私的には正直長くは続けるのも嫌で、
家を借りるまでのつなぎになるならとおもい、
とりあえず元旦那の実家に住むことになりました。

正直このタイミングで、家を借りれたらよかったのですが、
いい家が見つからないのと、元旦那の勤務先がまだ未定だったこともあって
とりあえず、我慢せざる終えなかったのです。

でも、そうなってから、私と自分の親とでの距離感がちょうどよくなったのと
私と子供だけがたまに遊びに行くだけなのもあって、
一緒に住んでいた時より両親ともいい関係性になりました。

元旦那はというと、自分の実家というのもあって気兼ねなく過ごせていたようなのですが
私は正直気を遣うし、生活しにくい中での子育てで、だんだん体調を崩すようになり
むしろ自分たちだけ実家に住みたいなんて思ったりもしていました~。

それでも、元旦那の勤務先が決まるまでは我慢をし、
私的にも限界が来たタイミングで、
知り合いに相談して、家を探し始めることになりました!
元旦那の両親はお金を貯めてからにしたらという様子でしたが、
正直、生活にも限界が来ていたし、それ以外にも理由があって、
そんなにお金に余裕があったわけではないのですが、
何とか自分たちの家を借りることができたのです!!

でもこれには深い理由があってこのタイミングで急いで家を借りることにしたのです!
この理由は離婚に至った原因の一つでもあるです!!次の回で詳しくお話します~!

つづく

© 2020 シングルママしまよ 元夫との仁義なき戦い