【第24話】育児も大変

【第24話】育児も大変

母親になって気づいたこと

私は23歳の時に育児をしていて、育児の大変さを思い知りました。

この時に感じたのが、母は本当に偉大だなということです!
自分の母親ももちろんそうですが、
子供を産んで育てている母親の皆さん本当にすごいなと思います!!

これは自分自身が母親になって、子育てをしない限り
考えもしなかったと思うし、思いもしなかったと思います!
本当に自分の母親に感謝しないとだなと思います!!

子育てをしているお母さん本当にいつもお疲れ様です!(自分を含め)
とか言われる機会がないのでたまに自分に言うのもいいかなとか思いました~^^

育休中の育児

育児に必死な中、子供の成長って本当にあっという間で、
毎日の日々の中にも小さなことでも成長を見せてくれて、
でも、その時は一回しかないのにそんなことを考える余裕がないほど追われていて
特に出かけずに一日家にいるだけなのに、
気が付いたら夕方になっていたりなんてこともよくありました。

一日の流れとして、
まず私の場合は、子供のほうが先に目覚めて起こされて、(未だに週末とかはそうです)
朝からご飯をあげて、洗濯をして、掃除をして、遊んであげて、
またご飯をあげて、お昼寝してる間にご飯の下準備をしておいて、
洗濯物を入れて、たたんで、ご飯を作って、子供に先にご飯をあげて、
お風呂に入れて、寝かせて、自分がご飯を食べれて~みたいな感じで

当たり前ですけど、子供中心に一日にすることをして、
その中でも家事や家のことすべてをしなくてはならなくて、
本当に毎日が気が付いたら終わっていました、、、

で、元旦那が帰ってきたらご飯を用意して、
食べ終わったら食器を洗って、ようやく一日することが終わってという感じで
ここでまた寝ようとしても子供が夜泣きすれば眠くても起きないといけないですし、
いくら育休中だからとはいっても、家でダラダラ寝てるわけでもないですし、
これが私はまだ子供が一人だからマシでしたけど、二人もいればこの倍で大変なわけですし
育児って簡単じゃないんですよね~!!!

元旦那の考え方

でも、元旦那は自分は仕事をしていて大変だけど、
そっちは家にいて子守しているだけだと思っていたのです。

というのも、私があまりに疲れていて、
自分の食べた分の食器洗いを頼んだ時に、
すごくあからさまにイライラした態度をとってきたので
文句があるなら言って?といったところ
「家で昼間とかゆっくりして、お昼寝とかもできる時間あるくせに~」とか
「朝から仕事してきて家に帰ってきてまでこんなことさせられたら休む暇がないとか」
こんなことを言われて、
私が家のことだけをしているのに頼んだならまだわかりますけど
子供もいて、元旦那の帰りも遅い為、子供の面倒はほぼワンオペでしている中で
こんなことを言われてさすがに驚いて、
それならお前がやってみろよ!って思いました!

きっと理解して手伝ってくれる旦那さんもいらっしゃるとは思うんです!
例えば、何もできないならできないなりに、
感謝の言葉だったり早く帰ってきた日だけでもできることをしてみたりとか
ありがたいな~とか思っていればできると思うんです!

でも、当たり前やろ!家にいるだけやろ、とか、
こっちが働きよるんやけそれくらいして当たり前やろって思っていたとしたら
大変さを理解しようなんてこともないと思うんです。悲しいですよね、、、
こういうことを思ったとしても、
やったこともないくせに言ってくる人って本当に最悪なクソ野郎ですよね!!

なんと元旦那はこのクソ野郎に該当していたのです、、、

つづく

© 2020 シングルママしまよ 元夫との仁義なき戦い